物件の売却価格で妥協したくないなら東京の不動産買取業者がおすすめ

Custom Home

不動産買取を業者に依頼する際の留意点

玄関口

売却を希望している不動産があって、不動産買取の専門業者へ依頼することを選択肢の一つとして考えている場合、一つ留意すべき点があります。
それは、業者が直接不動産買取する場合は、仲介で買い手をみつけて売却する場合に比較すると買取金額が低い場合が多いことです。不動産買取した業者は、その物件をふたたび収益を上げられる物件にするために要するリフォーム費用などを自分で負担します。その経費を計算に入れると、最初に物件を買い取るときの金額は妥当な範囲に抑えておかなければならないという事情があります。
この点を不服に感じて、とにかく高値で買ってくれる業者を選ぼうと、仲介で査定金額が高い業者を選んだ場合、トラブルに発展することがあるので注意が必要です。業者によっては、買い手が見つかるはずもないような法外な査定金額を提示しておき、あとになって買い手がつかないからという理由でどんどん買取価格を下げてくるという戦法を取るところもあります。
売り手が、なるべく高く不動産買取して欲しいと思うのが当然ですが、それも行き過ぎれば却って損をすることになりかねない点、十分気を付けましょう。売却対象の不動産の相場をきちんとおさえておくことで、ある程度の自衛は可能でしょう。

Post List